検索
  • Yusuke Fujisawa ( Professional Connector)

ソニー・デジタルエンタテインメント社長 福田淳さんとの対話


福田さん このインタビューのアウトプットというか、目的は何でしたっけ?

藤沢 ぼくはプロフェッショナルコネクターという仕事をやってるんですけども。多分これからは誰かに仲介されて人に会う価値って高まってくると思うんですよね。例えば、ある一定の著名人の方って誰とでも会えると思うんですよ。

福田さん ええ。

藤沢 でも、そこでは出会えない層ってあると思うんですね。ぼくだと若手とか。新進気鋭の起業家とコラボしたらビジネスとしても面白いアイデアとかコンテンツとか生まれる機会って増えると思うんですね。そういった意味で仲介人と言いますか、繋げる立場の人でセルフブランディングをしていきたいなと。そういう意味でも著名な方との対話を通じて、ビジネスのタネになるようなエッセンスを発信しています。

福田さん はーい。目的はわかりました。

藤沢 質問いくつか考えてきたんですけど、最初はちょっと…

福田さん ベタなところからいきますか。

藤沢 そうですね。ベタなところからいきたいですね(笑)。じゃあまず初めは、福田さんにとって「遊ぶこと」ってなんですか?

福田さん えーと、そうですね。ぼくは公私混同は良いと考えてまして。結局、寄り道とか遊びだけが自分を助けてくれたと。象徴として日経新聞がいけなくて。みんな土日は遊び人とかコンシューマーなんですけど。月曜日の朝に日経新聞を読んだ瞬間にまともなビジネスマンやんなきゃいけないというスイッチが入っちゃって。ブロードバントだとかVRだとかAIだとかね。わかんないこと言わなきゃいけないわけですよね。

だけど、本来の人間って別にそんなことないリラックスした時には厳しいコンシューマーなわけじゃないですか。

藤沢 仰る通りです。

福田さん だから、遊びがないところに新しいビジネスのネタはない、と。この前大学生に講演したら、アソビシステムに入りたいって言ってきた青年がいるんですよ。就職活動で。アソビシステムといえばね、きゃりーぱみゅぱみゅとかそういう芸能事務所じゃないですか。そうすると、きゃりー好きだったり渋谷のWOMBで踊ったりが好きなの?って聞いたら「いいや」と。

おや?(笑)

藤沢 (笑)

福田さん 就職先の一つとして考えてるだけなんですね。好きこそものの上手なれもなくて、全く主客逆転しちゃってて。なんかそういう遊びがない社会って非常にタフに見えるんじゃないと。

ずっと好きで好きで就職のことなんか考えてなかったけども起業してうまくいった人っていっぱいいるわけなんで。方程式なんてないんだけど、ぼくにとって遊ぶことだけが、もっというと「余暇をどうやって自分の好きなことで過ごすか」だけが人間のゴールなのかなと。

で、もうちょっと哲学的なこと言うと、人間の進化って余暇作る歴史なんですよね。ダーウィンの考えじゃない方が人間の進化を推進してきたと。

つまり、弱いから進化してきたんですよ。強強じゃなくて弱々連合。みんながターザンみたいにムキムキで体強かったら進化いらないわけで。

寒いやつがいるとか弱いやつがいると死んじゃうから助けて都会を作っていったわけですね。

藤沢 確かにそうですね。

福田さん どんどんどんどん進化してきて、農業革命があって。この前経済学者がサウス・バイ・サウスウエストで言ってましたけども、1800年のアメリカでは80%が農業従事者、2000年では1.7%だったと。ファーマーはいなくなったんですよ。200年かけて。

AIが出たら警備員いなくなって、弁護士いなくなるのかってなるかもしれませんよ。突然職を失う人もいるかもしれないけど、すごい長い時間をかけてシフトしていってる。

ぼく20代で東北新社入ったとき、月に一回くらい土曜日も出てたんですよ。

藤沢 そうなんですね。

福田さん でも今ヤマト運輸でドライバー確保しようと思った時、週休3日でしょ。まあいろんな事情があるにせよ、人間のテクノロジーの進化によって、人間の余暇の時間が増えなきゃ嘘。だから、人間は週に2日間くらい働いて5日間くらい遊ばなきゃいけないけども、クリエイションの人間は遊べないんで、AIでもドローンでもVRでもどんどん人間の毎日を合理化した時に暇つぶししかなくて、その暇つぶしがクリエイティブでなければやっぱり人間らしいと言えないと思うんで、1番最初の質問、本題なんですけど(笑)、遊べなきゃだめですよね。

藤沢 素晴らしいですね。

福田さん で、今働き方改革とかありますけど、あれ本当に長い目で見たら何にもしなくていいんですよ。どうせ暇になるんですから。

藤沢 いやー、本当にわかります。あのー、ぼくもここに来る前に福田さんの記事をたくさん読ませていただいて。公私混同であるべきだっていうキーワードにすごい共感してまして。今仰ってもらったようにトレンドとして副業推進だとか自分のやりたいこと見つけなさいって言われてると思うんですけど、福田さんが今までやってこられたことって、例えば映画撮りに行かれたりとか小説を書かれたりとか、たくさん熱中されてきたと思うんですね。それが今に活きてるっていうところは変わらないと思います。人間って。

福田さん うんうん。

藤沢 それで仕事も遊びも両方できてないと余暇って見えてこないんじゃないかなと個人的にも思います。

福田さん 絶対そうですね。

だから、IT長者がね。なんかブサイクな女連れてね、あのー…

藤沢 ブサイクかどうかはわからないですけどね(笑)

福田さん ブサイクな方がイメージしやすいかなって(笑)で、それがなんでかなと考えると、それがゴールではないって気づくまでのトライですよね。結局お金なんて何にも自分を変えてくれないし。ただ、この前堀江さんだったかな。そういうITの若い人たちにあんまり美味しいものとかお店行かない方がいいよ吉野家がまずくなっちゃうからってのが賞賛の嵐だったんですね。そんなのおかしくて。

人間生きたからには最高も最低も全部知ってオルタナティブを知るというか。生まれたからには世界中全部行きたいし、いろんな人と話して、成功したり失敗したりしたいし。70億人いてなんで英語喋りたいって思ったかというと、やっぱり1億人だけでのコミュニケーションで終わりたくないと。せめて50億人くらいは話してさよならしたいってのがあるわけじゃないですか。

藤沢 いいですね。

福田さん だから、なんか本読むのも大事だしいろんな人を愛するのも大事で、そういう常に自分が、昨日からの連続で明日があるんじゃなくて、新しい自分がなりたいことを見つける、これがThis is what you wantだっていうものを見つけないと、おそらく人類そのものの進化が停止しちゃう。だから、働き方改革したってみんな知ってんじゃないの?と。むしろ遊び方改革、遊び方提案って難しいよと。じゃあ今晩夜遊び行こうかって行くじゃないですか。

藤沢 はい。

福田さん どの店で何食べる?ってコンセンサス要りますよね。

藤沢 間違いなく発生しますね。

福田さん じゃあ週末みんなで踊り行こうかと。どこ踊り行くって言ったっていろんな音楽の違いもあるし、そこDJ悪いから嫌だって言うかもしれないし。二次会三次会行ってどうやって帰る?とかロジティクス考えなきゃいけないじゃないですか。

藤沢 そうですね。

福田さん 自分の生活の体幹がすごい鍛えられるんですよ。最近高校の先生かなんかが暑い真夏の中で女子マネージャーを走って帰らせたら倒れて意識不明になっちゃったとかありましたよね。そんなのはリアリティの欠如で遊びが足らんからそんなことになるんですね。

藤沢 うーん。なるほど。

福田さん なんで不良がビジネスで成功するかというと体幹整ってんですよ。つまり町の怖さ知ってる。殴られたら痛いとか、映画みたいにパチンみたいな音しないし(笑)、怖いわけですよね。

藤沢 鈍い音しますよね(笑)

福田さん 鈍い音するし(笑)、血出たら死ぬかもしれないと思うし、酔っ払って倒れて頭打つ人いっぱいいますけど大丈夫かなと思うこともあるし、いろんな隣り合わせの死って自然そのものですけどそういうのを見て人生のバランスの感覚が整うというか。

つまり、人間らしさの追求がクリエイティビティであるならば遊ばないとダメっていうのがぼくの1問目の回答です(笑)

藤沢 ありがとうございます(笑)。次の質問なんですけど、直感でこの人面白いなとかこの人と遊んでみたいな方ってどんな方になるんですか?

福田さん 結局打率なんですよね。学生と話すと磨かれるんです。どうやったらモテますか?とか聞かれたり。それはやっぱり素振りじゃないって。家にこもってたらそりゃモテるわけないよねと。でも、相席屋毎日行ったらモテるかもしんないじゃない?

藤沢 あはは(笑)

福田さん 例えばナンパ上手い人って若い時にめちゃくちゃ街で声かけてますよね。あれも、体幹鍛えてるわけですよ(笑)

藤沢 いわゆるイチローさんですよね(笑)