検索
  • Yusuke Fujisawa ( Professional Connector)

赤川 和紀さん / 芦名 勇舗さんとの対話


—まずはじめに、赤川さんと芦名さんのご関係を教えてください。

芦名さん 赤川さんはプルデンシャル時代の2ヶ月先輩です。

赤川さん 2011年9月に入社して、芦名が11月だから本当に直下でしょ。

芦名さん そう。だから計算すると僕が先輩です。

赤川さん どう計算したらそうなるの。(笑)

芦名さん あ、どの方向からも先輩にはならないですかね。(笑)

赤川さん どの方向からもというか、絶対的な真理だから。(笑)

芦名さん あっなるほど。藤沢さん、そうらしいです。(笑)

ーなんだか複雑ですね。

赤川さん 複雑なのかな。(笑)

芦名さん いや、すごいシンプルですよ。

—(笑)シンプルですよね。思わず僕も掛け合いに乗ってしまいました。赤川さんは芦名さんにとってプルデンシャル時代の先輩だったと。話を戻すと、お互いの印象はどういう感じだったのでしょうか。

芦名さん えーと、僕は「濡れた子犬」ですかね。

—芦名さんが思った赤川さんの印象は「濡れた子犬」なんですね。(笑)それは何故でしょうか。

赤川さん 濡れた子犬…。(笑)

芦名さん 僕が初めて入社したタイミングが11月だったんですが、9月入社の赤川さんは1ヶ月研修して10月が初月契約月でした。そこで、赤川さんは初月契約のギネスとったんです。

プルデンシャルの歴史上。

ただ、それに疲れすぎてガリガリにやせ細っていて、ジェルもそのままペターーーー!って頭に乗ってけてるくらいの風貌で。本当にその姿は「濡れた子犬」でした。

赤川さん いや、本当にその時期が一番辛くて。俺の中で。

芦名さん その時、本当に覇気も何もなくて。こいつが本当にトップ営業マンかと。

赤川さん すごく大変で、疲れすぎて声も半分くらいしか出なくて。体重もすごい減ったし。

芦名さん あの時、体重80kgくらい減ってましたよね。

赤川さん いや、80kg減ったら俺、もう何も残らないから。それはもう存在がないから。(笑)

芦名さん (笑)

ー今までのお二人の掛け合いを見ていると、気持ち良いというか先輩・後輩を超えた関係に見えるのですが、その要因は何でしょうか。それこそ、芦名さんからすれば覇気のない「濡れた子犬」だったと思いますが。

芦名さん それは彼がすごく素直だからだと思います。僕はアメフトもやってきたし、いろんな先輩を見てきました。先輩と後輩の関係を強調する方もいますし。でも彼はすごく後輩の意見を聞くんですよ。

—それは大きな要素ですね。どう意見を聞くんですか。

芦名さん 僕、こういう感じなんで。言いたいこと言うので、そしたら赤川さんは「うん、そうだね。そうしたらどうしよっか。」と言ってくれるんです。

—赤川さんの中で心がけることはあるんでしょうか。

赤川さん うーん。心がけるというより、もともと前職で航空会社の整備士をしてたから営業を全くやったことないし。だから何もわからないじゃん。吸収できるもの吸収しないとまずいと思って。そこで、芦名とかすごい売ってたから。真似できるものは真似しようとしてただけ。そこに変なプライドはいらないじゃない。

ーかっこいいですね。芦名さんのインタビューと記事を見て、プロフェッショナルを真似ることが大事、中途半端な真似ることは意味がないとおっしゃってたことを思い出しまして。赤川さんが原点で真似ていたんでしょうか。

赤川さん 真似ることを教えたっていうより、先輩・後輩の関係じゃなくて同志に近いかな。

—同志ですか。

芦名さん お互い同じ目標に向かってたので。ライバル関係ですけど、その目標を達成するためにはどうプレーしたら良いとか話し合ったりして。

—具体的な目標ってそれぞれ何だったんでしょうか。

赤川さん 芦名はあれだよね。個人保険営業NO.1だったよね。

芦名さん そうです。その時は。

赤川さん 俺は、目標の倍の数字を達成することかな。

—なるほど。それぞれ今挙げて頂いた定量的な目標があったと思いますが、定性的な目標はありましたでしょうか。

芦名さん それは男前になることです。すごく素直で、強くて、お金もあって、影響力も大きくて。電通にいた時に、それは叶えられないなって思ったんです。

もっと男前になれる環境ないかなって思ったタイミングでプルデンシャルと出会ったんです。自信に満ち溢れていて動物的に強そうな先輩がたくさんいたので、じゃあこの会社に入ったら、この先輩たちをどう倒すかって勝手に闘争心湧いてくるので。正直、保険も営業もやってなかったので、このチームに入ったら強くなるって思ったから入っただけです。

—直感もあると思いますが、直感はどう鍛えられると思いますか。

芦名さん それは経験ですね。人それぞれ意思決定する時に過去からの積み上げ統計で、この人はこういう人だ、この人はこういう人だと何となくわかるじゃないですか。自分が感覚として合ったところにいっただけです。

—なるほど。赤川さんはいかがでしょうか。

赤川さん 俺は成長したかったからだね。新卒で大手航空会社に入社した時にそう思って。違う景色を見たかった。

—景色ですか。確かに航空会社は高いところから見れますもんね。

赤川さん それは標高的な意味かな。(笑)まぁ、標高的には高いから、精神的にね。

ー変な空気にして、本当にゴメンなさい。(笑)

赤川さん 本当に反省して。(笑)

芦名さん でも珍しいですよね。24歳で会社やめるって。

赤川さん 真面目なのになぁ。

芦名さん (笑)

ー(笑)こういうお二人の掛け合いは、漫才のようにテンポが気持ち良いのですが、これって。

芦名さん 一言で言うと信頼ですよ。仮に一人でボケて、スルーされたらただの変態じゃないですか。

赤川さん ただの変態だね。俺もボケたりツッコんでも、芦名が乗ってくれないとただの変な人になっちゃうしね。

芦名さん だから信頼関係がないと、普通は怖くてできないですよ。

ー仮にお二人が漫才コンビだとしたら、どっちがボケでどっちがツッコミなんですか。

芦名さん 僕がボケですね。

ーお二人は芸人を目指しているんでしたっけ。(笑)

芦名さん いえ、目指してないですよ。(笑)

赤川さん 弟は芸人だけどね。

芦名さん 吉本所属です。

ーそうなんですか。

芦名さん ただうるさいだけで、くそつまんないです。

—くそつまんないんですか。それは芸風やネタがってことでしょうか。

芦名さん いえ、普通にうるさいだけなんです。でかい声を出せば良いんだという感じで。営業に例えるなら、うざい営業っているじゃないですか。

あれってうざく営業してるわけじゃなくて、結果として相手にとってうざいと思われてしまってるからだと思うんですよね。それと同じことです。

赤川さん 長身でシュッとしたイケメンなのにね。